この日を記す

ライター西森路代の仕事とかいろいろ

私が作品や公式の発言からしか書かない理由

ちょっと前、ドラマについて書くということをテーマに、イベントをやらせてもらいました。そのとき、何かの流れで、ライターは、このジャンルをどこまで知っているべきなのかという話題になり、私は「ジャンルに対して愛情を注いでいてもいいけれど、個別の…

珪藻土マットと餃子と韓流と…

日テレの『NEWS ZERO』を見ていたら、珪藻土を使ってバスマットを作る工房のことが取り上げられていた。このマットを作っているのは、石川県の会社だそうで、左官として働いているのは、全員女性で、ほとんどが主婦なのだという。 親会社は左官業の会社だっ…

好きなものと心中する必要なんてない

『プロペラを止めた、僕の声を聞くために。』というのは、千原兄弟と渡辺鐘という三人による2003年のライブです。2003年というと、松山から上京して二年とか三年とかで、東京では見たいと思えばなんでも見えるということにワクワクしていた頃でした。 そんな…

記号で見られないことは幸運かもしれない

R-1ぐらんぷりを見た。ゆりやんレトリィバァは今日も面白い。何がよいって、けっこう日々の疑問をネタに落とし込んでいるところかもしれない。彼女はかつて、自分が実力よりも注目されていないことにも疑問を持っているような場面を見かけた。ブルゾンちえみ…

いまさら『富士ファミリー』を見た

お正月にNHKで放送された、木皿泉さん脚本の『富士ファミリー』をやっと見た。私が見たのは2016年版のほうだけど。 この作品、家や商店を中心に描かれている。例えば、『葛城事件』や『国際市場で逢いましょう』は、両方ともに商店が出てきて、一家の長であ…

「タラレバ」「逃げ恥」関連の仕事

最近の仕事のことを。このところ、『逃げるは恥だが役に立つ』や『東京タラレバ娘』関連の記事が多かったので、それをまとめておこうと。 ユリイカの東村アキコ特集で、「東京タラレバ娘」について書いてます。「何が女の子をタラレバ娘たらしめたのか」 ユ…